2019年1.17のつどい開催に向けて動き出します!!

実行委員長の藤本です。
来年の2018年1月17日(木)に阪神淡路大震災発生の発生から24年目を迎えます。
震災で亡くなられた方々への追悼、あの日を想い、忘れず、伝える場所として毎年1月17日に東遊園地で行われている「阪神淡路大震災1.17のつどい」を今年度も開催できるよう、準備を開始します!!

震災経験者の高齢化、減少、知らない若い世代が約半分という状況に対し、実行委員長として今できることを毎年微力ながら実施していますが、震災を想う皆さま一人ひとりのご協力があってこそ、毎年あの場所が作られています。
「こんなことなら!!」という想いを集めて来年も一緒に東遊園地であの日あの時を振り返りながらお会いできることを願っています。
今年度もどうぞよろしくお願いします!!

阪神淡路大震災1.17のつどい実行委員会
委員長 藤本真一

1 個のコメント

  • 1995年の阪神大震災の犠牲者を追悼するために神戸市で開かれる「1.17のつどい」の実行委員会は27日、来年1月17日に開催するつどいで、竹灯籠を並べて描く文字を募集すると発表した。公募は4回目。(共同通信社より抜粋)

    と言うことで下記の言葉を投稿します。
    「記憶」
    意味は、後世に伝え忘れないようにとの想いです。

    よろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です