実行委員長挨拶

阪神淡路大震災の発生当時、私は10歳でした。
北区に住んでいたこともあり大きな揺れを体験したものの幸い大きな被害はありませんでしたが、被災地に行った際のボロボロになっていた神戸の様子を未だに忘れることができません。

その16年後の2011年3月11日に東日本大震災が発生し、ボランティア活動に参加したNPO法人阪神淡路大震災1.17希望の灯り(通称HANDS)のお手伝いをさせてもらう中で、2012年に初めて1.17のつどいに参加させてもらいました。

今まではテレビでしか見たことがなかった会場には震災で家族を亡くされた人、怪我をされた人、家が全壊し避難所・仮設住宅での生活を強いられた人、会社が倒産し職を失った人、震災に対し様々な想いを持った人たちがあの日あの時の思い出しながら東遊園地を訪れ、竹灯籠に灯りを灯し、祈りを捧げている。
あの日を思い出すような寒い早朝の時間に多くの人が自然と集まってくる様子を見ながら、未だ震災の傷は癒えていないことを知りました。

そして何より驚いたことが、1.17のつどいは市民によって自主的に行われているということでした。
神戸市民で震災を知らない人の割合が約4割と言われ、震災経験を伝える人の高齢化もあり、震災から20年を区切りに多くの追悼行事が活動を終了しました。
1.17のつどいも例外ではなく、震災を忘れないためにも時代に合わせながら柔軟な対応が求められています。

各地で発生する大地震、災害、そして今後30年以内に70%の確率で発生すると言われている『東南海沖地震』に備えるためにも、忘れてはならない、続けなければならない。
それは阪神淡路大震災を経験した皆さんの思いであり、当時のことを少しでも知っておきたいと考えている震災を知らない若い人たちの願いでもあると考えています。

4年前から竹灯籠の文字を一般公募し、21年は『未来』、22年は『光』、23年は『伝』という言葉を選ばせてもらいました。

1.17のつどいを皆さんと一緒に続けていきたいと考えております。
今年度もどうぞよろしくお願い致します。

阪神淡路大震災1.17のつどい実行委員会
委員長 藤本真一