1・17のつどい「竹灯籠の文字」公募の受付を開始します

阪神淡路大震災から22年を迎えるにあたって行われる追悼行事「阪神淡路大震災1.17のつどい」
会場の東遊園地にて竹灯籠でかたどる文字を本年度も募集します。
昨年度は公募の結果、『未来』という言葉が選ばれました。
あれから一年の間に熊本地震、鳥取地震、また世界各地でも大きな地震が発生し、多くの被害がありました。

ご遺族の方にとっての1.17
被災された方にとっての1.17
震災経験者にとっての1.17
震災を覚えていない人にとっての1.17
震災を経験していない人にとっての1.17

「22年目の阪神淡路大震災のことを皆さんと一緒に考えていきたい」
皆さまの心の中にある「1.17」の思いを、この公募を通じて発信して頂けたらと思います。

【公募方法】
・応募できる文字数 1~4文字(複雑すぎず、竹灯篭でもかたどれる範囲でお願い致します)
・応募期間 1月10日(火)まで 集計後、役員会で話し合い、決定いたします。

【受付方法】
文字の案と、その思いを簡略に書いていただき以下の方法からご応募ください。
①このホームページ右上の「問い合わせ・文字公募」フォーム
②ハガキ等による郵送
〒651-0086 神戸市中央区磯上通5丁目1-13-607 NPO法人阪神淡路大震災1.17希望の灯り事務局
③FAXによる受付 078-330-4117
④e-mailによる受付 info@117kibounoakari.jp
⑤twitterによる受付 ハッシュタグ 「#1.17のつどい」 をつけてツイート。

【問い合わせ先】
NPO法人阪神淡路大震災1.17希望の灯り(HANDS)
事務局
050-3590-0117

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です